Top > ミュージカルテニスの王子様の代替わり

ミュージカルテニスの王子様の代替わり

 

ミュージカルテニスの王子様は、2003年4月にスタートしましたが、主役校である青春学園のキャスト陣には、卒業・代替わりというシステムがあります。
テニスの王子様は、青春学園が大会で1校ずつライバル校と対戦し勝ち進んでいくのですが、ミュージカルでは、基本的に1公演でライバル校1校と対戦する流れのため、青春学園が勝ち進むごとに、公演数は増えていきます。キャストはミュージカルテニスの王子様の専任ではありませんから、公演数が増えれば、同じキャストで続けていくことはまず無理です。
一部キャストを変えての公演もありましたが、そのように徐々にキャストを変えていくよりも、今後を見据えたためと思われますが、思い切って全キャストを卒業させ代替わりさせるというシステムを導入したようです。
しかし初代のキャストが、彼ら以外にこのキャラクターを演じられるのはいないと思わせるほどの人気だったため、2代目の公演は、またも席に空きが目立つ結果となります。
初代の彼らが演じないのならば見る価値はないと思われてしまったのです。しかし、2代目のキャストも初代がミュージカルテニスの王子様初日に思ったように、この会場を千秋楽までにいっぱいにしようと決意し、がむしゃらにステージに取り組みました。
その一生懸命さがファンの心をうったのです。
今のミュージカルテニスの王子様の原点はおそらくここにあるのではないかと思っています。若手のほとんど新人ともいえる俳優たちが一生懸命ステージに取り組み、ミュージカルをつくりあげていくというところに魅力を感じ。そしてがんばればこれだけのものが作れるのかという感動を与えてくれるんです。
そのがんばっている彼らを見たいというファンの気持ちが、若手俳優の登竜門としてのミュージカルテニスの王子様を形作っているように思えます。

 

 インヴァスト証券  CMS  ガーデニング教室  寄せ植えで楽しむガーデニング
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ミュージカルテニスの王子様が演劇界に与えた影響(2009年8月 2日)
ミュージカルテニスの王子様の代替わり(2009年8月 2日)
ミュージカルテニスの王子様のはじまり(2009年8月 2日)
キャスティングマッチがとても魅力なミュージカル(2009年8月 2日)